トップページ > ブログ

ブログBlog

7月 06 2013

これから自分でホームぺ-ジを作りたいと考えている方々へ……….

もし、私のこのブログを読んでいる方で、自分でホームページを作ってみたいと考えている方がいらっしゃいましたらWordPessで構築されることをお勧めします。WordPressは無償です。WordPressというとブログツールと思っている方もいるかもしれませんが、もちろんブログも作れますがホームページも難なく作れます。私が運営しているWebクリエイター普及会のサイトも先日WordPressで作ってみました。無料のテーマ(雛形のようなもの)も多く出回っていますのでそれらを活用することにより短時間ですばやくサイトができます。

WordPressは海外でも人気のあるアプリケーションです。ココをクリックすると実際今までにどれだけダウンロードされたかリアルタイムでカウンタが表示されます。7月6日午前6時24分現在で26,922,360ダウンロードされています。いままさにこの瞬間にもWordPressがダウンロードされ続けているのです。

WordPressの特徴としてはオープンソースです。オープンソースとは大雑把に言いますと「著作権を維持したままプログラムのソースコードを公開するルール」のことです。数多くの開発者を呼び込み、彼らが作ったテーマやプラグインが多くのユーザーを呼び込み、そのユーザーが別のユーザーを呼び込むとといった拡散の流れに至っております。

時代の潮流をいくようなアプリケ―ションですので独学で学ぶための書籍やネット上の情報も豊富に出回っています。この機会にWordPressを使ったホームページ作りにチャレンジしてみては………..。

追記 2013年8月3日 WordPress のダウンロードカウンタは最近バージョンアップに伴い0にリセットされました。WordPress 3.5は述べ3千数百万ダウンロードされ、 WordPress3.6のダウンロードがスタートしました。

0コメント

6月 21 2013

紙の本から音は出ませんがウェブではサウンドトラックが付けられます………..

なにかおもしろいトピックはないかとネットで捜していたら…….YouTubeでこんなのを見つけた。”WWW開発者・バーナーズ・リーさんが語るウェブの未来”という動画  Webに関連している者なら視聴せざるおえないタイトル。大変短い動画なんだが一体どんなフィーリングの人なのだろうか、ぜひとも拝聴したく視聴させていただきました。WWWの概念は1989年にTim Berners-Lee博士によって提唱され今日のwwwの普及に及んでいる。異なるコンピュータどうしハードウェアの異なりを超えて相互利用できないかと考えた。使っているコンピュータの仕様も異なるし、オペレーティングシステムも異なる。また通信仕様も異なる。これらの異なる壁を越えて相互利用できないものだろうか……….そんな発想からハイパーテキストシステムが生まれたのである。

今回視聴して 「おっしゃるとおり ごもっともです。」の連続だったが、その中で頭にこびりついたのは「紙の本から音は出ませんがウェブではサウンドトラックが付けられます。」………今ではなんでもないことでも当時としては音を付け加えることも大変インパクトのあることだったのだろうと推察する。今回もそうだが過去にもこのブログにYouTubeの動画を付けたことが何回かある。動画は音や映像がでるが、ふと考えると音のみのサウンドトラックを付けたことはない。この機会に経験してみたいなということで試してみた。

WordPressのプラグインで音のみのサウンドトラックに”Audio player”がある。player本体の色も好みで変えられるようなっている。デザインもシンプルだ。気に入った。早速使ってみよう。サウンドはなにかフリーのミュージックにしようか、あるいは自分のブログを朗読するか、もしくはそれに小音量でバックにサウンドを入れようか、三つの選択肢があるがいろいろ迷ったがただ単にブログを書いた本人が朗読する方法を取った。今回の目的はこのブログを書いている人はこんな声してるんだなあ~と親近感を持っていただければ幸いです。(笑)今回と前回のブログに朗読を貼り付けました。

 
朗読

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

0コメント

6月 06 2013

WordPress+Welcartで通販サイトを作ってみました………

私が運営している通販サイトも早いもので3周年目を迎える。その間多くのお客様に電子部品を買っていただいた。本当に感謝している。手持ちの商品はいっぱいあるのだが本業が忙しく手付かずの状況でサイトを訪れる方々に商品点数が少なく申し訳なく思っている。ところで3周年目ということで、以前からあたためていた構想でWordPressで通販サイトを構築したいと思っていた。

 

なぜか、ホームページ制作のトレンドがWordPress化していると思っているし、PHP言語やMySQLデータベースの知識も必要になるが慣れてしまえばこんな便利なCMSはないと考えているからである。なにしろ世界中の人々に支持され圧倒的なシェアを誇っている点からもそれは裏ずけられる。このブログもWordPressでできています。(笑) また通販サイトでいうとカートシステムをなにか別のASPプロパイダ等のサービスを利用した場合、ASPプロパイダ料+ドメイン料+レンタルサーバー料がかかりトータルで見ると年間維持費もばかにならなくなる。その費用が通販サイトを続けていく限りずーっとのしかかってくるわけだ。しかし一度WordPress化してしまえば翌年からドメイン料とレンタルサーバー料だけになる。これは魅力である。

 

いろいろ調べていくと”Welcart”という日本語・無償のEコマース用プラグインがあるということを知った。「日本初のWordPress専用ショッピングカート」としてリリース以来、ユーザーの声を取り入れながらアップデートを重ね、述べダウンロード数10万件を超えているという驚きのプラグインだ。人気があるのですね。使い勝手はどんなものだろうか、構築にあたり難易度はどんなものだろうか思案にふけっていたが、考えるよりもまず実行という精神で今回試みた。

 

使用しているプラグインとの親和性やコンフリクトを心配していたが……….意外とすんなり……なにも問題なかった。Welcartのサイトで各種マニュアルも揃っているのでそれを見ながらテスト開始。早く試したくとりあえず1点のみの出品でパソコンやスマートフォンを使い発注できるかテスト。難なく”サンキューメール”の返信を受け取った。通販サイトを作っていておもしろく感じるのは自分でサイトを作る場合、一番最初にそのサイトのお客様役になるのは自分自身であるということである。つまり、システムが間違いなく動作するか、何か不具合がないか何回もテスト・検証することになるからである。店主役、お客様役1人二役やることになる滑稽といえば滑稽といえなくもない。(笑)

 

Welcartの良い点は商品写真を一括まとめてアップロードできるし商品説明の文面もエクセルで作った文面を一括でアップロードでき作業効率も良い。小さな事業所が通販部門を持つ場合これぐらいでスタートすればリスクもない。またWordPress自体が持っている機能でサイトのバックアップも完璧であるし、サイト内の検索機能にも重宝している。サイトの表現力というか便利さというかWordPressのプラグインの数の多さには圧巻である。これらは世界中のWeb関係者が自ら開発した役立つであろうPHPモジュールを提供している結果に他ならない。これらを組み合わせることにより見栄えがよく、使い勝手がよく、ローコストでメンテナンス性の良いサイトが出来上がる。WordPress+Welcartプラグインを使用した通販サイトが今後ますます普及していくことを願っております。

 

朗読 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

0コメント

9月 17 2012

続 自分の通販サイトを持ちなさい…………..

i-and-b.jp_making0028.jpg

i-and-b.jp_making0028.jpg

現在お勤めであって安定収入があってもこのご時世です。なにがあるかわかりません。第2の収入の確保のために通販サイトの構築や研究をおすすめします。個人・小規模事業所が通信販売部門を持つ場合、いきなり多額の資金を投資し始めるにはリスクがあります。私が推奨している通販サイトは、個人、自宅、ほとんどお金やリスクがかからない安全かつ無限の可能性を秘めた通販サイトです。

 

やりたい扱いたい商品の決定。その商品を扱っている卸、小売店に対して交渉並びに協力の依頼。商品を借り商品は撮影後返却。商品は貴社から購入という約束の元できる限り安く仕入れる。売値と仕入れ価格の差それがマージンということになります。以上みたように商品は貴社から購入するから撮影用の商品の貸し出しと業者渡しの仕入れ契約をするだけです。在庫は抱えません。連絡を密に取り通販サイトの在庫ステータスはその都度更新します。つまり売れたら仕入れるという形になります。この方法を取ると通販サイトを持ち管理する手間や経費人材も投入する必要が無いので相手からも喜ばれます。実際聞き取り調査をしたことがあるのですが、そのような会社も多くありました。あなたにとっても在庫は抱えなく通販サイトを持つことができます。Web教科の知識も自然に増えていきます。私の経験から言うと、大きな会社は取引してもらえませんが小さな卸、小売店は交渉の仕方にもよりますが6割方OKです。

 

扱う商品は自分が知っている、興味がある、関心があり好きな業界が適しています。サイトを作る場合そのようなサイトのほうが同業他社との差別化が図れ作りやすいからです。通販サイトは「Jimdo Business」というオンライン型ホームペー制作レンタルサーバーを使用します。初心者にでも簡単にホームページが作れるからです。年間28,900円の使用料が発生しまが、トータルで見た場合、個人的には大変お値打ちなレンタルサーバーと思っています。

 

Jimdo Business」は独自ドメインが使えます。商品点数無制限。言葉を変えれば何点でもOKということになります。いろいろ機能が整っていて、例えばお客様から注文を受けた場合どこそこにメールを転送しなさいというような設定も簡単にできますし、アクセス解析やYouTube動画の貼り付け等お手軽便利機能がいっぱい付いています。オンライン型ホームページ制作レンタルサーバー以外のそれもありますが、お勤めで限られた時間で通販サイトを立ち上げ管理しようとした場合、少し荷が重すぎるのではないかと個人的に考えております。本来の通販サイトを立ち上げるという目的以外にhtmlCSSFTPやWebサーバーの知識と理解が必要になり、個人的にはよっぽどのことが無い限りおおすすめしておりません。

 

◆オンラインホームページサービス「Jimdo」を使用した通販サイト構築のマンツーマン個人レッスンをいたします。Skypeや電話、メールを使ったレッスンです。
◆名古屋市内は出張訪問指導可能です。
◆レッスン回数は個人差にもよりますが3~4回位を予定していますがそれ以上回数がかかる場合でもOKです。責任を持ってご指導、お手伝いさせていただきますのでご安心ください。
◆この通販サイトは年間28,900円の維持費がかかりますが、独自ドメイン、商品点数無制限の買い物カートが使用可能です。また商品が売れた場合プロパイダーに対する販売手数料は今のところかかりません。

0コメント

9月 09 2012

自分の通販サイトを持ちなさい……..

私が運営している電子部品通販サイトがオープンして早や1年と数ケ月経ちました。ちなみにその通販サイトのURLはhttp://www.pro-jp2hqq.com/です。今回のネタはずばり「自分の通販サイトを持ちなさい」です。このサイトを運営していて感じたことは法人でなければ注文が来ないとか、地方都市だと注文が取れないとか、店舗を構えてないと信用されないとか、勝手に考える人がいるかもしれないが全然そういうことはなく真面目にコツコツやっていればお客さんから注文はいただけるということを感じました。ちなみに私の場合、個人、名古屋市、自宅で無店舗です。(笑)

 

通販サイトの良いところは昼間お勤めであっても、夜間 睡眠中であってもサイトの方で全部対応してくれる点である。例えば商品や個数、金額、送り先等…..システム(プログラム)が組まれていてレンタルサーバーのコンピュターが計算や対応をしてくれることである。なんて優れものか….(笑)。帰宅後パソコンのスイッチを入れメールを開いて、注文があればこのようなメールが届いている。疑似体験の意味を含め実物の写真をお見せします。モザイクのところにお客様の氏名、住所、コメントが入っています。自分で商材を決め、サイトを作り上げ、お客様からご注文をいただいた時の喜びは、飛び上るほど嬉しいものです。(笑) 多くの人に体験してもらいたいと願っています。

 

i-and-b.jp_making0027

i-and-b.jp_making0027

 

現在、景気の低迷のなかでリストラの嵐が吹き荒れている状況下にあります。そんな中で前向きに将来を見据えた方々に自分の通販サイトの構築をおすすめします。大手上場弱電メーカーに勤めている友人が言っていました。以前は夏のボーナス120万円もあったのに…..直近のそれは60万円しかないと……..。まだ良い方だと思います。社員で勤めていてボーナスがないという会社も増えている時代ですから……..

 

よく受ける質問で「通販で具体的にどのような商品や商材を扱えばよいのですか」という質問を受けることもあるが、「なんでも……..恣意と言えばあまりそこら辺で手に入りにくい物が適している」と答えています。手に入りにくい物、オリジナルの物、特注の物が個人や小規模事業所がやる通販商材に適しています。言葉を変えるとニッチなものです。そのためお近くのコンビニやスーパーでいつでも手に入る物は通販には向きませんと………..。

 

当Webクリエイタ―普及会では個人、小規模事業所様に対してリスクがほとんどない通販サイトの構築の指導をしております。もちろん扱う商品のアドバイスもさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。

0コメント

7月 16 2012

クロマキーは映像表現が拡大する………….

今回のネタは動画(映像)の合成です。前回「YouTube」のネタでしたが今回もその関連にあたります。YouTubeの投稿はこれからもどんどん伸びていくでしよう。その理由としてはスマートフォンにその機能は付いていますし、小型デジタルカメラ、AVCHD小型ビデオカメラ、ビデオ編集ソフト、これらのハードソフトの低価格 高性能化、並びに人間本来が持っている人を楽しましてやろうという本能からです。

 

動画の合成はクロマキーを使います。クロマキーとは何かと言うと、動画の一部を切り取って別の動画に貼り付けることである。写真の合成は選択してコピーし貼り付けということで容易である。しかし動画の場合は貼り付けるものも貼り付けられるものも動いているということでちょっと厄介だ。動画は一秒間に写真を約29枚近く映しているようなものだからである。そのため透明にしたい色(キー)を指定して合成が可能になる。クロマキーを使うと映像表現が拡大します。なぜなら、本来ありえないことが表現できるからです。じゃ、試してみようと試みるが、はたと困ってしまった。キーになる色のバック、ブルーバック、グリーンバックが必要になるが、家の中見渡してもそのような色の部屋なんかないし、公共の施設で日当たり(光源)のよいグリーン色の壁なんかあればしめたものと捜しても見当たらない。どうしょうか…….壁を塗り替えるにも素人が塗ればむらむらになるし、そうかといって目先今のところ1回しか使う予定がなかったので……….緑の紙もしくは布でも使用しようかと思案したが、1、2回使って、しまっておくにも邪魔になるし…..安くスタジオを貸してくれるところを捜しだし使用させてもらった方が合理的と考えた。

 

i-and-b.jp_making0025

i-and-b.jp_making0025

早速ネットで捜してみた………。あった しかし最低2時間 14,000円と記されている。交渉してみよう………オーナーらしき人が電話に出た。こちらの事情を説明し1時間7,000円で相手の理解を求めた。最終的にOKをいただいた。その日に電話してその日に借りさせていただいた。スタジオ名は Commercial Photo Studio Camello (キャメロ)さんである。千種駅が最寄りの駅になり、河合塾の校舎が点在しているローケションにあった。カメラマン兼オーナーの石井さんが出迎えてくれた。挨拶もほどほどにして早速スタジオに通された。通されて驚いた。全て用意してくださっていた。グリーンバックに照明、リフレクター、柱程の太さもある重厚なプロ用カメラスタンド…まさにスタンバイ状態だった。時間が1時間ということもあるしいろんなシチュエーションを収録したかった……まさに時間との戦いである。石井さん無理を聞いていただいてありがとうございました。

 

i-and-b.jp_making0026

i-and-b.jp_making0026

日を改めて収録した映像の整理そして編集に入った。編集ソフトはPremierePro CS6である。操作方法や映像表現ノウハウの書籍も豊富に出回っているし高性能、高機能だからである。私のお気に入りのアプリケーションソフトでもある。使っていて便利だし使いやすいソフトである。編集ソフトに興味のある方もいらっしゃるかもしれないのでクロマキーを題材にした今回の作品を編集しているのところの画面をキャプチャをしましたので写真を掲載します。

 

 

 

 今回YouTubeにエレキットのロボットアームにスマートフォンや小型デジカメ、小型ビデオカメラをつければ絶妙なアングルとモーター駆動が持つ一定のスピードで絶妙な映像が撮れますよという目的ともう一つの目的はあなたに代わってエレキットを組み立てますよという代行サービスのセールスプロモーション的意味の作品です。MR-999を使ってみてこんな便利なものはないと思っている。ただMR-999は部品点数百数十点もある組み立てキットである。組み立てキットは動作や仕組みを学ぶには素晴らしい学習効果がある。ただ全く動作や仕組みを知りたいとか理解したいと思わない人もいるし、組み立てている時間が無いという人もいる。そういう人に代わって組み立て完成させますというサービスである。私はこれを「通販型のサービス業」と考えている。「通販型のサービス業」については機会があれば記したいと思っています……

 

0コメント

7月 05 2012

YouTubeを積極的に活用しましよう

今回のネタは「You Tube」です。2005年アメリカでスタートしたメディアツール YouTubeは、著作権等の諸処の問題を抱えながらも一個人の動画発信や動画の共有化ができるということで世界中の多くの人々に愛されています。一個人が動画を制作それを多くの人に見ていただくということは一昔前では考えられなかったことです。それが今ではネットに繋がっているスマートフォンやパソコンでいとも簡単にできてしまう時代になりました。無償で活用できるYouTubeです。こんな良い媒体を使わない手はないといえます。2重否定は強い肯定です。私は申し上げます、YouTubeを積極的に活用しましよう。

 

i-and-b.jp_making0024

i-and-b.jp_making0024

右の写真はなんだかわかりますか。これは1983年私が西海岸へ旅行に行った時に撮った写真です。チャイニーズシアターに着きました。ここはハリウッドスターの手形足型があるので有名なところです。私は映画 サウンド・オブ・ミュージックが好きでジュリー・アンドリュ―スさんのファンでもあり彼女の手形に触れるとともにぜひとも記念にと一枚撮った写真です。

 

それから30年弱の月日が経ちました。YouTubeでいろんな動画を検索していたら、たまたまこんな動画を見つけました。なんとサウンド・オブ・ミュージックの出演者がスタジオに集うという企画の番組です。40年ぶりの再会です。7年前アメリカ abc NEWS  VIDEOで流れたようです。それを収録、最終的に YouTubeにアップされています。これなんかはYouTubeにアップしてもらわなければ見ることができなかったものではないでしようか。YouTubeにアップした方の気持ちがよくわかります。サウンド・オブ・ミュージックは世界的に有名な映画です。ジュリー・アンドリュ―スさんや当時子役さんだった人たちが今どうしているか知りたいのはファンだったら当然です。ビデオをYouTubeにアップした方は情報発信をし、見た方は情報の共有化をしたわけです。当時の思い出やエピソード等和気藹々楽しく話しています。当時子役だった方もお孫さんがいらっしゃる年代になっています。楽しく視聴させていただきました。ネットにつながっているパソコンで大切な考え方は自らの情報発信ならびに情報の共有化なのです。

 

私は冒頭一個人の動画発信がいとも簡単にできてしまう時代と書きましたが。実際それを作りYouTubeを使い情報発信してみました。ロボットアームにスマートフォンを取り付けると、おもしろいアングルで動画が撮影できますよということを伝えるのが目的です。撮影は1人で、撮影時間は15分位です。編集も15分ほどで済ませました。台本もシナリオもリハーサルも無く思いつくまま喋っています。編集していて笑ってしまったのですが、「コジマ」と言うところが「フジマ」に聞こえるし、「オチタラ」と言うところが「ゥオチタラ」に聞こえます。また「エェ ー]が多いですね、これは癖ですね(笑) 随所でいい加減な作品ですが、あえて撮り直ししませんでした。費やせれる時間等を考えた場合、ご愛嬌でお許し願い楽しんで 笑っていただければ幸いと思ったからです。

 

0コメント

6月 23 2012

SoftBank 携帯からスマートフォンに機種変更しました。

一週間のご無沙汰です。小島康雄です。先般 4年近く愛用していたSoftBankの携帯をiPhone4Sに機種変更しました。携帯が壊れたとか使いにくいということではなくそろそろiPhone4sに切り替えるタイミングであろうというこで変更しました。たぶんみなさんの周りでもそうではないかと思うが、私の周りでも2010年頃から携帯をスマートフォンに替える方が目立ち始めました。私の周りでは携帯とスマートフォン其々一台ずつ持っている者や、スマートフォンだけという人が8割ぐらいしめている。複数の友達のスマートフォンを触らしてもらったり感想等情報を得ていたのでスマートフォンの使い勝手はおおよそ把握していた。

 

よくスマートフォンのことを「多機能携帯電話機」と称するが、私から言わせると「超小型パソコン」そのものである。使い勝手もパソコンそのものである。ホームページを閲覧する際、携帯用に最適してないサイトを携帯で見ようとすると、PCビューア(有料)なるものが出てきて閲覧も操作もできるが使い勝手がよくなかった。画面が小さいし操作しずらい。別途携帯用サイトを設けてある場合は関係ないことだが……….。iPhone4Sはタッチパネルで拡大縮小も思いのままでパソコンと同じように使えるので、ホームページを制作する仕事をしているも者としては携帯向けにあえてファイルを設けなくともよいのでおお助かりです。

 

携帯向けサイトはユーザーの持っている機種がいつ頃購入した端末なのかという時期的なことこれは通信規格に関係するのだが、あとディスプレイの大きさ等機種ごとに仕様が異なるし、そのようなことを考慮すると数が膨大になるので、何年前までのどこまでの機種を持っているユーザーでまでという線引きをし、それに合わせてコンテンツを構築しなければならない。できた後もシュミレーターなるパソコン上で検証するソフトもあるがサイトを検証する場合実機を使ったほうがよいとされている。そうすると数多くの実際の携帯が必要になるわけで、これは大変な作業になる……….

 

今回iPhone4Sで自分が運営している電子部品サイトhttp://www.pro-jp2hqq.com/で電子部品を発注してみた。あえてPC版を使い拡大縮小機能を使い電子部品を発注しているところを収録しYouTubeにアップしました。自分が見ても冗長と思う作品なのだが(笑)、スマートフォンの使い勝手やこれから自分で通販サイトを作りたいという方々の何らかの参考になればと思い作りました。ご覧いただければ幸いです。

 

 

0コメント

6月 16 2012

これからはデジタルコンテンツのダイレクト販売の時代に入っていくなと実感しました……

先般トータル・イマージョンさんからメールをいただいた。そのメールにはYouTubeに収録されているTIジャパン代表竹内慎司氏のビデオのアクセス数が290万を超え著名なスイマーのビデオの中で世界一となりました。……とある。

 

トータル・イマージョンさんのDVD 「カンタン・平泳ぎ」 2007年トータル・イマージョンさんから通販でDVDビデオを購入した。「カンタン・平泳ぎ」である。購入理由は、通販に興味を持っており、平泳ぎが今より上手くなりたいと、もう一つ実際どんな物が送られてくるのだろうかと興味深々で電話注文した。私の平泳ぎは自己流で25m泳ぐとヘトヘトに疲れてしまってた。(笑) プールで同年代の方を見ているとそんなに疲れている様子はない。自己分析すると、手の動きと足の動き、顔を出すタイミングがすべて自己流で理にかなってなく、体力(労力)は余計に使うはかつ前に速く進めない状態ではなかったかと思う。(笑)DVDビデオを何回も視聴し、基本姿勢、手、足、顔を出すタイミングを学び、今では100m泳げるようになりました。このビデオは科学的なポイント解説してあり、「なるほど そうなんだ そういうことか」と納得の連続でした。基本姿勢の矯正に役立つDVDビデオです。

 

科学的というとTIさんでは、小さなプールがあり、前方方向から水流が出る装置がありそれを駆使しながら、実際泳いでいるところを何台かのカメラで撮影….後に本人とコーチがそれを見ながらトレーニングをしているとのこと………。すごく理にかなっていて科学的だと思う。購入したDVDから水流の様子がわかる画像をキャプチャさせていただきました。

前面から水流を受けながらのトレーニング

 

今回これを機にトータル・イマージョンさんのホームページを5年ぶりに拝見しました。膨大なコンテンツ量のサイトに成長していました。創立者テリー・ラクリン氏や竹内慎司氏をはじめ日米のスタッフの方々の努力の賜物ではないかと強く感じました。特筆する点はデジタル・コンテンツ・ショップのオープンです。これはスマートフォンやパソコン、DVDプレイヤー向けのコンテンツのダイレクト販売です。コンテンツの提供の仕方も動画のビデオ、静止画の電子書籍やPDFファイル等各種取り揃えています。完璧に網羅していてすごい品数です。これからは水泳に限らず、デジタルコンテンツのダイレクト販売の時代に入っていくなと実感しました………

デジタル・コンテンツ・ショッピング

 

もうすぐ夏がやってきます。海にプールにお出かけになる方々も多くいらっしゃるかと思います。泳ぎに自信がなかったりまた最近泳ぐとヘトヘトになるんだよなあ 年のせいかなと感じることがある方にデジタル・コンテンツをお勧めします。決して年を重ね体力や気力が劣ったせいではなく多分に基本姿勢だったりしますから……..

YouTubeの世界一に輝いたビデオはhttp://www.youtube.com/watch?v=rJpFVvho0o4&feature=player_embedded/

なおこのビデオはトータル・イマージョン・スイミングのHPのヘッダーの左側にも貼り付けてあります。
トータル・イマージョン・スイミングのホームページは http://tiswim.jp/

デジタル・コンテンツ・ショップは http://shop.tiswim.net/jp/

 

0コメント

6月 09 2012

Adobe Creative Cloud CS6といった高性能、高機能のソフトも入手した…….万全を期して後半の営業に望まなければ……….。

先般Adobe Creative Cloud  CS6を導入した。最初アドビシステムズ(株)のDMを拝見した時「エェ~ こんなに安く使わしてくれるの?」とびっくりしました。年間契約で月々5,000円のところを8月末迄申し込めば月々3,000円とのこと、年額36,000円で2台のパソコンに使えるということで「これなら安い」ということで迷わず申込みました。これて、もしかしてデフレの影響かな?と思ってしまいました。(笑)

 

Webの仕事をしているがアドビシステムズ(株)のアプリケーションは業界標準ソフトと言ってもよい。Web会社の求人票や求人広告を見ると“Photoshop”  “Illustrator”  “Dreamweaver” “Flash”が使えることとうたってあることが多い。Web業界で必需のソフトと言ってもよかろう。今までXP 2台にCS4 MASTER COLLECTIONが入っていたが、これを機に新たにWin7 64bit機を導入し早速CS6( Adobe Creative Cloud)をインストールしました。Adobe Creative Cloudは従来のメディアのインストールとは異なり、ダウンロードタイプのインストールです。

i-and-b.jp_making0018

i-and-b.jp_making0018

 

CS4 MASTER COLLECTIONのインストールの時はパソコンの前で何時間も張り込んでいた記憶があります。(笑)エラーが出ないか?なにか入力を促してこないか?ディスプレイとにらめっこです。(笑)Adobe Creative Cloudのインストールはそれに比べるとすごくスマートになりました。写真のような画面が出てきてアプリケーションプログラムを選択し実行に移すだけです。専門用語はなんというかわかりませんが、インジケーターのようなものが途中経過を表示し、なるほど、表現力があるなと感じました。懸念していたインストールの時間ですが、Photoshopでものの数分でした。もっとかかるかなと思っていたのですが…………….。64bit機はさすが速いですね…….

 

i-and-b.jp_making0019

i-and-b.jp_making0019

私とアドビシステムズ(株)の出会いは1997年頃だと思う。もう15年前にさかのぼるのか〜。月日が経つのは早いですね(笑)「光陰矢の如し」か…..。書店で“インフォメーショングラフィックス”  デール・グラスゴー氏(株)グラフィック社の本を見つけこれを読んでいると、彼はイラストを書くときケント紙に書くのではなくパソコンに向かって書き、彩色も絵の具を使わずコンピュターでするとのこと…..。彼の作品の作風を見ていると非常に面白く説得力があるイラストが多く、「パソコンでこんなこともできるのか」と感心してしまった。その本には使っているハードの機器名やソフトフェアが明記してあり、アドビシステムズ(株)のイラストレーターも入っていた。それならということで私も使ってみようということでIllustrator 7.0 Jを購入した。初めて使用した時、糸みたいなものが出てきて、こんなもので絵なんか書けれるのかと思ったが、何回も練習していくうちにソフト開発者の意図も理解できうまく書けれるようになった。糸みたいなものとは今思うとパスだったのですね(大笑)

 

Webクリエイター普及会ではAdobeシステムズ(株)のソフトの教科の初歩を講習しています。この機会に無限の可能性を秘めたWeb教科を学び自分で情報発信をする楽しさや充実感を味わってもらいたいと願っています。

 

はや6月か 近くの公園のアジサイもきれいに咲きだした。2012年も後半にさしかかろうとしている。Adobe Creative Cloud CS6といった高性能、高機能のソフトも導入した…….万全を期して後半の営業(クライアントの獲得)に精進しなければ……….。

 

0コメント

Next »

ページトップへ戻る
Copyright(C) I& B All Rights Reserved.