トップページ > ブログ

ブログBlog

6月 06 2013

WordPress+Welcartで通販サイトを作ってみました………

私が運営している通販サイトも早いもので3周年目を迎える。その間多くのお客様に電子部品を買っていただいた。本当に感謝している。手持ちの商品はいっぱいあるのだが本業が忙しく手付かずの状況でサイトを訪れる方々に商品点数が少なく申し訳なく思っている。ところで3周年目ということで、以前からあたためていた構想でWordPressで通販サイトを構築したいと思っていた。

 

なぜか、ホームページ制作のトレンドがWordPress化していると思っているし、PHP言語やMySQLデータベースの知識も必要になるが慣れてしまえばこんな便利なCMSはないと考えているからである。なにしろ世界中の人々に支持され圧倒的なシェアを誇っている点からもそれは裏ずけられる。このブログもWordPressでできています。(笑) また通販サイトでいうとカートシステムをなにか別のASPプロパイダ等のサービスを利用した場合、ASPプロパイダ料+ドメイン料+レンタルサーバー料がかかりトータルで見ると年間維持費もばかにならなくなる。その費用が通販サイトを続けていく限りずーっとのしかかってくるわけだ。しかし一度WordPress化してしまえば翌年からドメイン料とレンタルサーバー料だけになる。これは魅力である。

 

いろいろ調べていくと”Welcart”という日本語・無償のEコマース用プラグインがあるということを知った。「日本初のWordPress専用ショッピングカート」としてリリース以来、ユーザーの声を取り入れながらアップデートを重ね、述べダウンロード数10万件を超えているという驚きのプラグインだ。人気があるのですね。使い勝手はどんなものだろうか、構築にあたり難易度はどんなものだろうか思案にふけっていたが、考えるよりもまず実行という精神で今回試みた。

 

使用しているプラグインとの親和性やコンフリクトを心配していたが……….意外とすんなり……なにも問題なかった。Welcartのサイトで各種マニュアルも揃っているのでそれを見ながらテスト開始。早く試したくとりあえず1点のみの出品でパソコンやスマートフォンを使い発注できるかテスト。難なく”サンキューメール”の返信を受け取った。通販サイトを作っていておもしろく感じるのは自分でサイトを作る場合、一番最初にそのサイトのお客様役になるのは自分自身であるということである。つまり、システムが間違いなく動作するか、何か不具合がないか何回もテスト・検証することになるからである。店主役、お客様役1人二役やることになる滑稽といえば滑稽といえなくもない。(笑)

 

Welcartの良い点は商品写真を一括まとめてアップロードできるし商品説明の文面もエクセルで作った文面を一括でアップロードでき作業効率も良い。小さな事業所が通販部門を持つ場合これぐらいでスタートすればリスクもない。またWordPress自体が持っている機能でサイトのバックアップも完璧であるし、サイト内の検索機能にも重宝している。サイトの表現力というか便利さというかWordPressのプラグインの数の多さには圧巻である。これらは世界中のWeb関係者が自ら開発した役立つであろうPHPモジュールを提供している結果に他ならない。これらを組み合わせることにより見栄えがよく、使い勝手がよく、ローコストでメンテナンス性の良いサイトが出来上がる。WordPress+Welcartプラグインを使用した通販サイトが今後ますます普及していくことを願っております。

 

朗読 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

0コメント

Trackback URI | Comments RSS

コメント記入

Spam Protection by WP-SpamFree

ページトップへ戻る
Copyright(C) I& B All Rights Reserved.