トップページ > ブログ

ブログBlog

6月 02 2012

労力を資本に変える…….先人の知恵と出会える場…….名古屋市鶴舞中央図書館

1週間のご無沙汰です。小島康雄です。今週のブログのネタは1冊の本です。この本は「無言の信念」安井正義氏 編者・発行所 ダイヤモンド社 昭和40年(1965年)7月初版発行である。およそ半世紀弱前に書かれた本である。この本を取り上げようと思ったのは私のブログはこれから新たにビジネスを立ち上げようとしている起業家が結構読んでいます。そのような起業家に対して勇気をもたらしてくれると思ったからです。

私は機会があれば主に名古屋市内で開かれる起業家セミナーやネット関連のセミナーに参加している。セミナー参加理由はセミナーの後の懇親会での食事が楽しみで……(笑)。そういったところで結構名刺を配っているのも起業家に読まれている要因かもしれない。(笑)

 

i-and-b.jp_making0016

i-and-b.jp_making0016

 

この本は30年以上前、古本屋で買って読んだ。おおよその内容は頭に入っていたが、改めて名古屋市鶴舞中央図書館で借り読みかえしてみた。記憶してたとおり新たに起業しようという人々に勇気をあたえるセンテンスがもり込まれていた。情報発信ならびに情報の共有化という観点から取り上げました。

 

安井正義氏 明治37年生(1904年)が父親の“安井ミシン商会”を継承、ミシンの国産化をめざし成功しその後多角化にも成功し日本を代表する企業としてブラザー工業(株)が確固たる地盤を築いた昭和43年(1968年)頃までの発展プロセスやエピソードが書かれている。読んでいてためになる本である。

 

大正10年(1921年)頃の日本のミシン市場は米国シンガーミシンのシェアが95%前後で残りがドイツ製のミシンとその他であった。そんな市場において安井正義氏がミシンの国産化をやってやろうと決意する。安井正義氏を以下途中迄 彼と敬称を略させていただきます。当時彼は18歳。当時ミシンの国産化をしようとすると当時の貨幣価値で150万円必要であった。決意した時、彼はわずか千円の資本も持っていなかったのだ。1,500,000円の資本がいる事業に1,000円の資本すら持っていない彼がミシン国産化を決意する。必要とされる資本の1500分の1以下の資金しか持ってないにもかかわらずである。ここまで読んで、本当にそんな事可能だろうかと思った人がいるかも知れない。彼は可能にした。可能したからこそブラザー工業(株)は現存するのである。

 

彼の取った作戦。ミシンを作るには機械や工場設備が必要である。買えば莫大な資本が必要だが自分で作ってしまえば資本はいらない。労力は自分が働けば、少しずつでも伸びていく。だが金は、いくら働いても、もうかる場合ともうからない場合がある。だから、金をもうけることより、労力を資本にかえるべき機械設備を自前でつくることにした。その後 麦藁帽を伸ばす水圧機を作ったり、麦藁帽子の製造も行った。それらは資本の蓄積や縫製の技術研究に多いに役立った……….。そしてついにミシンの国産化に成功したのである。

 

この例でも分かるように自分が最終的にやりたい事業があり、それがかなりの資本を有するなら資本の蓄積や研究が大切であるということだ。Webクリエイター普及会が推奨しているWeb起業はネットにつながっているパソコン1台あれば可能だ。あとはあなたのWebスキルやアイデアしだいで小資本で始められる。自分がやりたい事業資金が足りないなら迷わず資本の蓄積のためにWeb関連で起業してみてはいかがだろうか。通販サイトやサービスサイト構築はお薦めである。サイト構築のクリエイティブな感性や知識の蓄積は販売促進に密接に結びついており、どんな事業をするにも役立ちます。

 

i-and-b.jp_making0017

i-and-b.jp_making0017

表紙の撮影も終わり本日(6月1日) 名古屋市鶴舞中央図書館に本を返却しました。

本の表題紙の裏に刻印が押されていた。名古屋市名東図書館、名古屋市鶴舞中央図書館 昭和58年11月15日(1983年)と刻印が押されていた。これは古い同じ本が何冊もあっても仕方がないので名東図書館が持っていた蔵書を鶴舞中央図書館が残すべき貴重資料として書庫に保存した証である。そこにはもう1つ刻印が押されていて「安井正義 殿寄贈」となっている。今回のブログの主人公 安井正義氏その人だった。非常に感慨深い気持ちにさせられた……。おそらく安井正義氏が名古屋市にある全ての図書館に寄贈したのだと思う。名古屋市の場合、各区の図書館の本は一定期間が過ぎると1冊のみを資料として鶴舞中央図書館に残し、残りは処分すると聞いたことがある。同じ古い本が何冊もあっても仕方がないし保管場所が無いからだ。名東図書館が持っていた本が1番破れや汚れ等が少なかったのであろう。貴重な1冊である。名古屋市中央鶴舞図書館は資料館の役目もしている……………..。

名古屋市図書館蔵書検索はここをクリックしてください。

 

 

0コメント

5月 26 2012

A5版 コート紙 110kg 両面カラー印刷 1枚 1円87銭の時代……………

i-and-b.jp_making0013

i-and-b.jp_making0013

先般(株)シンエイ アド エージェンシーさんに頼んでいた販促用印刷物が届いた。A4版コート紙 両面カラー 1万枚である。 高級感を出すため110kgという厚めの紙を使用した。みかん箱換算で5箱 総重量約80kg 堂々たるものだった。開封し仕上がりを見たが予想どうりのすばらしいできだ。カラー印刷は見た目も綺麗だし高級感もあり訴求効果も抜群だと信じている。 

 

私も過去に印刷業界にいたことがある。古い話(約20年前)で恐縮だが当時カラー印刷というとかなり予算がはった。1ページ物で数十万円、ページものだと数百万円の時代である。特に制作費にお金がかかった。そのため個人や小企業はモノクロ1色刷り印刷物が多かった。カラー印刷をしたくとも高すぎて手が出なかった。いまや時代がデジタルデータ入稿の時代になりカラー印刷も安くなり個人や小企業でも出来る時代である。しかしそれを知らないのかやらない店のオーナーも多くもったいないと思う。お店のアイデンティティーや商品をカラー印刷で表現して顧客にアピールすればきっと良い結果がでると思うのだが…………..

 

昔はなぜカラー印刷は高かったというと、印刷機にかける前の段階、入稿迄にかなり費用がかさんだ。今で言う文字テキスト部分を写植屋さんに依頼し、写真やイラストをポジフィルムで揃えそれらを製版屋さんに持ち込み4枚のフイルムCMYKに色分解してもらうという工程でかなり労力や人員を必要とした。そのため上記のような費用がかかった。

 

i-and-b.jp_making0014

i-and-b.jp_making0014

ちなみに今回Webクリエイター普及会が使った予算はA4版の中に2面に割付けしてあるため刷り枚数の2倍 A5版 2万枚ということになる。費用の方はデーター渡しで送料消費税込で37,380円である。1枚あたり約1円87銭である。そのチラシはポスティングや街頭チラシ配りで使い始めまずまずの反響を得ている。やって正解だったと思っている。当会でチラシの企画・デザイン・データ入稿まで引き受けています。価格はこちらのページに出ています。このブログを見られたお店のオーナー様で自分でパソコンに向かい自分で作りたいという方はぜひとも当会のマンツーマンSkype+パソコン遠隔操作講習をおすすめします。個人レッスンでAdobeシステムズ社のPhotoshopやIllustratorの初歩を指導しています。これをマスターすればどこに頼むのではなく自分で企画・デザイン・入稿まで出来てしまう。そのまま自分のパソコンで(株)シンエイ アド エージェンシーさんに直接入稿可能である。またこのスキルは印刷のみならずWeb例えばホームページやBlog等で多用される画像やイラスト制作・加工に活かすことができる一生もののスキルです。最初は大変かもしれませんが、自分で思ったとうりにできるようになると、「楽しく、嬉しくなります」よ。詳しくはこちらのページをどうぞ。

 

i-and-b.jp_making0015

i-and-b.jp_making0015

今回(株)シンエイ アド エージェンシーさんにお世話になりました。送信フォームで資料請求すると写真のような資料がヤマトメール便で届いた。その中の用紙サンプル集は本当に役立った。紙の種類や厚さは実際に見て手で触った感触でみるのが1番と思った。担当になりましたYさんお世話になりました。また機会がありましたら貴社にお頼みしますのでその節はよろしくお願いいたします………

0コメント

5月 19 2012

名古屋 栄 錦 路上で詩をひろげる哲学詩人 ゆうなか 先生………….

i-and-b.jp_making0010

i-and-b.jp_making0010

右側の写真なんだかわかりますか?開運グッツと思った方もいらっしゃるかもしれないがこれは哲学詩人 ゆうなか先生の詩なのだ。彼との出会いは今年の3月9日 若宮大通公園の路上である。最初先生を見たとき、なにを売っているのだろうかと興味津津と近づいていった。写真にみられるようなプラスチックのパス入れの形状の物や色紙の形状の物が路上に所狭しと並んでいて各々詩が書き込まれている。「これはおいくらですか?」とたずねると「価格はお客様に決めてもらっています。」と答えられた。この詩は1ついくらという商品ではないのである。欲しければ、お客さんが自ら価格を決め譲ってもらうというものなのだ。私も永年いろんなビジネスを見てきたがこのようなビジネスは初めて見た。写真の2点はその時私が価格を決め譲っていただいた物である。

彼に「このようなビジネス」と言うと叱られるかもしれない。彼に関心を持ち色々調べていくと、彼は本を2冊出している学者でもあった。その本の一冊「人間のことはぜんぶオレにきけ」のなかで印象に残っていることは詩を売っているとは書かれてないのである。路上で詩をひろげているという表現はあるが売っているとは書かれていない。彼は路上で詩を並べて、それを見て気に入ったお客さんが、自ら値段を決めその詩を譲ってもらうということになる。一般によくある商品販売とは少し異なっている。欲しければ譲ります価格(価値)はあなた(お客さん)が決めてくださいということである。

i-and-b.jp_making0011

i-and-b.jp_making0011

前々からゆうなか先生のことはブログで情報発信したいと思っていた。3月9日に譲っていただいた写真の詩は手元にあったが、なにぶんその時カメラを持っていなかったので路上で詩が並んでいる写真が無い。ブログに掲載するのには手落ちと感じた。彼に連絡をとり実際路上で詩が並んでいる写真を撮りたい旨を伝えると先生も快く承諾してくれた。今日(5月18日)はどこで詩を並べるのですかと聞いたら栄 ティファニーさんが閉まった後 夜9時頃からということで………いいアングルの写真が撮りたいなということで家を出たのが夜9時頃、現場に到着したのが9時30分頃である。いたいたいらっしゃった ゆうなか先生が…………  いい場所にいるな  ティファニーさんのまん前である しばらく傍で見ていると常連の若い女性か、どれどれ今日はどんな詩が出ているのかしらと、しゃがんで眺めている光景も見られた………….

3月9日に経験し今日久しぶりに見せてもらったが、何百点もある詩の中から自分が1番気に入った詩を選択する場合、その日の精神状態や心理状態を表すのではないかと思った。要するに自分が今おかれた状況に対して自分にとって1番支えになる詩や格言を選ぶのではないか。3月9日の私は「理解者は俺」「人がどうとかカンケーねぇ」を選んでいる。(笑)…….このブログを御覧になって興味をもたれた方は1度経験してみるとおもしろい。選んだものは今の自分にとって1番支えなる詩を選ぶと思う……………

i-and-b.jp_making0012

i-and-b.jp_making0012

ゆうなか先生に今日のご予定はと聞くと、日付が変わって5月19日午前0時過ぎ頃には観覧車のある通り(錦通)に移動するとのこと………. 「なぜ移動するのですか」と聞くと、この場所は人道りが少なくなるとのこと ………「なるほど」と感心してしまった。先生のお仕事の邪魔をしては申し訳ないと思い夜11時ごろ栄を後にした………….   今日も夜のサンシャインの観覧車は美しく輝いていた………………..

 

 

 

ゆうなか先生のブログはhttp://ameblo.jp/ppyounakat/

ゆうなか先生のもう一冊の本は 「どの果てまで行っても」

 

0コメント

5月 13 2012

名古屋 大須第1アメ横ビル レンタルBOXも販促に活用する………………..

i-and-b.jp_making0007

i-and-b.jp_making0007

先般、大須に買い物に行った。大須(オオス)と言っても名古屋に住んでいないとなじみがない方もいらっしゃるので補足するが名古屋市中区にあるひとつの街のことで、若宮大通、伏見通、大須通、南大津通の四つの通りに囲まれた区域。鶴舞線・大須観音駅付近は西の端、名城線・鶴舞線上前津駅は南東の端になり、ちょうど街全体が二つの駅に挟まれていて、約1,200の店舗・施設があり活気のある繁華街である。私はパソコンやパソコン書籍、パソコン周辺機器を求めよくいく場所である。

 

i-and-b.jp_making0008

i-and-b.jp_making0008

ちょうど第1アメ横ビルの奥 レンタルBOXに通りかかったら、1個空きのBOXを見つけた。もしや空きかなと思いきや店員さんに聞いたら「はいそうです」と、次に「物品販売以外でも借りられるの」と聞いたら「結構ですよ」ということでその場で借りた。

レンタルBOXというのは、いわゆるフリーマーケットのガラスBOX版のようなもので、持ち込んだ商品を陳列し売れたら1割の販売手数料を払い残金はそのままBOXのオーナーに入るしくみになっている。BOXを借りるのに保証金は要らないし保証人も要らなくお手軽である。

前々から感心していたが、あるBOXはスマートフォン関連の商品を売っている。あまり日本で見かけ無いケースとかである。オーナーはお勤めの人だろうか、それともそれを専門にしている業者さんだろうか。扱う量からして業者ではないと推測する。お勤めだったら、たぶん海外に行ったときについでに買ってきたのではないかと思う。仕入れにマージンをのせ販売するわけだ。スマートフォンの人気からして賢い商品選択だと思う。スマートフォンのケースは売れ筋商品である。それがめずらしいデザインとか仕様だったら、人は欲しがる。時流にのっていて日本であまり出回っていないレア物ならなおさらそうだ。

i-and-b.jp_making0009

i-and-b.jp_making0009

私がレンタルBOXを借りたのは物品販売が目的ではない。http://www.pro-jp2hqq.com/のサイトは私が運営しているが、実際時間がなくて掲載していない部品が山ほどある。その部品を持ち込み展示すれば売れると思うが、借りた目的はレンタルBOXに商品を買いにきたお客さんやレンタルBOXを借りているオーナーさんに対してのアピールのためである。例えばレンタルBOXでリアルな商品を展示し、もう一方で通販サイト等を運営すれば相乗効果でいままで以上に売り上げ増が期待できそう。そのことをアピールするためにに借りたわけだ。特にJimdoビジネスを活用すれば月々維持費2,415円で通販サイトが構築出来る。それも自分だけのURLドメインを使って、それに商品点数無制限である………..。

 

レンタルBOXについて記しておくと、私が借りたのは月々3,000円のBOX。BOXナンバー50番。レンタルBOXの商品はオーナーさんによりさまざまである。このブログを読まれ興味を持たれた方はぜひ大須に足を運んでみては?思わぬ掘り出し物が思わぬ価格で見つかるかもしれない(笑)

大須商店街公式ホームページ  http://www.osu.co.jp/

1,200もある店舗や施設の名称や業種(食べる、買う、着る、その他という4ケのカテゴリーで色分け)が分かる地図 (pdfファイル)   http://www.osu.co.jp/map/osumap_all.pdf

 

0コメント

5月 06 2012

オンライン型のオーダーメイドの印刷物が成立しえるということは……………………….

先般(2日)  Webクリエイター普及会の名刺が届いた。名刺は千葉県野田市にある(株)マヒトさんにいつも頼んでいる。価格も安く、仕上がりもきれいだし迅速なところが気に入っている。また(株)マヒトさんが通販型の印刷会社ということも気に入っている要因でもある。通販というと物品販売になるが印刷物となると、ただ単なるそれとは少々事情が異なってくる。印刷物の場合すべてオーダーメイドになるからである。例えば会社名(屋号)、氏名、住所、マークやロゴ等それぞれ異なる。

私は(株)マヒトさんから見ると1顧客にあたるが、私から(株)マヒトさんを見るときは数ある研究通販サイトのひとつになる。不特定多数の人から名刺やはがき、封筒の印刷物の注文を獲得するにはどうすればよいのだろうか…………。(株)マヒトさんのホームページは答えを教えてくれる。

個人が通販サイトを構築する時代に入ったと思っている私にとっては(株)マヒトさんのホームページは大変参考になるサイトである。具体的に言うと最初のページ一でイラストレーターのデーター入稿とそうでない入稿とを分岐させ、その後データー入稿でない場合はテンプレート選択画面へと移っていく。そこでそれを選択させ、その後、直感で操作できるインタラクティブな画面でテンプレートのデーターを自分のデーターに入れ替えていく作業で最終的に完結する。その後はカート、決済と進んでいく。(株)マヒトさんのホームページはユーザービリティが優れていて見やすく、配色も派手すぎず地味すぎず、説明文も明瞭で「うまく作ってあるもんだな」いつも感心している。

オンライン型のオーダーメイドの印刷物が成立しえるということは、当然それ以外の職種や業種でも可能ということである。あとはやるかやらないかだけと思っている。近い将来、洋服、化粧品、食品……………も出てくるに違いない。

ここで(株)マヒトさんのホームページを記します。

http://mhtdesign.net

 

今回作っていただいた名刺は左側、昨年6月からスタートして3箱目にあたるpro-jp2hqq.comの名刺は右側  今回Webクリエター普及会の名刺は奮発して両面カラーにしました。奮発と言っても僅か数百円しか違わないが………(笑)

i-and-b.jp_making0006

i-and-b.jp_making0006

 

(株)マヒトさん いつもありがとう。

順調に名刺を使いまた発注できるよう頑張りたいと思います。

どうかその節はよろしくお願いします。

 

 

0コメント

4月 29 2012

名古屋のストリートミュージシャン

先般 栄を歩いていると昔懐かしい曲が耳に入ってきた。(厳密に言うと矢場町交差点100メートル道路のセンター地)

坂本九氏の「上を向いて歩こう」である。この曲は以前関与していた挙式場の宴会でも、世相を反映してか何度か聞いた記憶がある。坂本氏が歌ってたのは約4o数年前である。「よくこの歌知っているな」と思いながら傍に近ずいていった。

歌っていたのは結構若い男性2人組みである。「~うたうたい~  達朗」さんと彼の相方は「シンジパング!!」さんであった。彼らにお話を伺うと、名古屋の人通りの多いところでよくストリートLiveをやっているとのこと。名古屋で人通りが多いところと言うと 名駅、栄、金山あたりかな。

わたしはいつも思うのだが、彼らに限らず人通りの多いところで物品を販売しているのを見ると偉いなと思う。法的にうんぬんと言うことはどこかに置いといて、1銭の家賃も払わなくて公共の場所で堂々と自己主張しているというかビジネスをしていることには感心する。それも超1等地でである。(笑)  なにかとてつもないたくましささえ感じる。(笑)

彼らと接していて関心したのはWeb関連、ほぼ全てをマーケッティングに活用している点である。ホームページはもちろんの事、ブログ、facebook、twitter、Mixi、メルマガも出している。

ここで彼らのホームページを記します。

「~うたうたい~ 達朗」さん  http://tatsurou-thanks.jp/

「シンジパング!!」さん    http://www.shinzipang.com/

2人ともCDを発売しているという事で…………….

これもなにかのご縁ということで喜んで買わさせていただきました。

i-and-b.jp_making0005

i-and-b.jp_making0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な歌声、どうもありがとう。

今後のご活躍を期待しています。

0コメント

4月 21 2012

管轄の税務署に開業届けを出す。

4月17日 大安吉日 昭和税務署に開業届けを出しに行く。

よく起業というとそれ株式だのやれ有限だのと法人格を取得しなければならないと思っているかたもいるかもしれないが、別に個人でも起業することは可能である。ネットで企業のホームページで沿革というページを見かけるが、その中で個人創業というのを見かけることもあるがそれがそれにあたる。

若い人で起業したいのだが「先立つものが無い」とか、親指と人差し指をあわせ丸を描きジェスチャーでこれが無いんですよと表現する光景もみかけるが、ようはお金が無いということであるが、I&Bが提唱しているビジネスはネットにつながっているパソコン一台とあとはあなたのスキルとやる気が必要なだけである。ネットにつながっているパソコンは持っている人も多いので、ほとんどお金がかからないといってもよい。そのため若い人もお年をめした方もWebのスキルを身につけられ、どんどん起業してほしいと願っています。

ところで一つだけ注意事項として、お金がかからない起業法なんだが管轄の税務署に開業届けを提出することは忘れないように。開業届けを出すと確定申告の際に経費を認めてもらえることになる。そのため領収書はこまめに保存しておくことが大切である。

税務署というとなんか敷居が高く感じられる人もいるかもしれないが、そんなことはないのでどうかご安心を…………(笑)

「めんどくさそうだな~」「うまく軌道に乗るかのらないかわからいのに…………..」という反論も聞こえそうだが、くれぐれも法律を遵守するようにお願いしたい。

かく言う私も上記したように開業届けを出しにいきました。書類はたった一枚下記の書類に記するだけ。ものの数十秒である。念のためsampleのエンボスを押し画像を載せておきます。参考までに……………。

i-and-b.jp_making0004.jpg

i-and-b.jp_making0004.jpg

その時税務署の職員の方と話したのだが「サラリーマンが週末に起業するだけでもこの開業届けは必要なんですか?」と尋ねたら 「必要です。」と返ってきました。

「うまくいくかいかないかわからないのに、軌道に乗ってから提出してもよいですか?」と聞いたら「開業したらすみやかに提出してください」と返答がありました。

「うまくいかなかったらどうすればよいのですか?」と質問したら「そのときは廃業届けを出せばよいだけ」とご返答をいただきました。開業と廃業は同じ書類です。

「納得OKです。」「廃業するときも数十秒の所用時間で記入可能である。」ビジネスはうまくいくかいかないか時の運もありうる。要は人様に教えられる立場になれば、「うまくいくのだろうか、ダメだろうかと」と考えふけるのではなく、リスクも少ないことなのであとは実行あるのみです。

海外ではどのような法制度になっているかしらないが、日本では個人が開業する場合たった一枚書類を提出するだけである。

お勤めしている会社員や主婦、定年退職した方も、通販サイト維持費月々2,500円以下、サービスサイト維持費月々1,000円以下の時代に活きています。

積極的にそれらのホームページ構築にチャレンジしていただき、目標と、やりがい、そして充実感をあじわってほしいと願っています。

0コメント

4月 15 2012

実際にいた1人で100サイト持っている猛者が……

先般 ふとしたきっかけでA氏と出会った。

ブログの話題として書きたいと伝えると…………

断わられましたので名前、会社名、業種等明かさないで書きとめます。 

彼は、な、なんと1人で100サイト以上持っている。 全て独自ドメインである。

100以上のドメイン名を管理するだけでも大変なんだが……………(笑)

これは言ってもいいと思うので付け加えておくと、東京や大阪ではなく名古屋市在住の方である。年齢は私より10歳ほど年下、ともかくパワフルである。それと行動が速く、頭でごちゃごちゃと考えるタイプでなく計画を立てその計画にしたがい冷静に着々と行動していくタイプである。

私の友人でアフリィエイトをやっている者もいるが彼でさえ30サイト前後である。彼のサイトの創りはどちらかというと、あっさり系でそんなに手間(時間)がかかっていないサイトが多い。

A氏のそれは違う。イラストや写真、ビデオ等ふんだんに使いデザインやレイアウトに面白みがあり重厚系で見ごたえがある。

私が見て創るのにおおよそどれぐらいの時間がかかっているか判別がつくが1サイトあたりかなり時間がかかっている。

インターネット創世の頃からコツコツとずーっとやっているとの事。100サイト持っていて全て相互リンクで結ばれているとSEO的にかなり有利である。

A氏と出会って彼のパワー(感性)をいただいた。

目指すべき方向性も得られた。A氏ありがとう。

私も早速サイトを増やすべき制作にとりかかった。

制作途中だがご披露します。http://www.webcreator-f.com/

i-and-b.jp_making0003

i-and-b.jp_making0003

 

 

0コメント

4月 04 2012

ビックリしたな〜もう〜 (笑)

先般、瑞穂通りを歩いていると、ある看板を見つけビックリした。

な、なんと自分の通販サイトのヘッダーに使っている女性モデルを見つけ、それも巨大だ………………………

Lissajous

Lissajous

http://www.pro-jp2hqq.com/  のサイトは私が創ったがヘッダーの部分には特に気を使った。

i-and-b.jp_making0002

i-and-b.jp_making0002

 

電子部品と言うと理系で堅いイメージがつきまとう…….    なんか女性の優しいイメージを混ぜたかったそのため素材集から吟味の上決定したいきさつがある。 写真用途には美容関係に向いているという説明文も入っていた………………..

看板の持ち主は 名古屋市瑞穂区瑞穂通7-22    美肌サロン リサージュの森 Lissajous さんである。

「ブログに写真を掲載させてください」とお願いすると承諾していただいた。

専務様が応対して下さった。お話をおうかがいするとかれこれ10年近く美肌サロンを経営しているとの事………..

専務様から名刺もいただいた。名刺をいただいてビックリした。事業拠点がずらりと印刷されていた。かなり手広く事業をしている模様。

美肌サロン リサージュの森さんはこのビルの1テナントとして入居しているものだと思っていた。

しかし、それは違っていた。

写真にも会社名が出ているが中央産業(株)の皮膚美容研究事業部 直営店という位置づけ。

中央産業(株)さんはアミューズメントパーク アリスさんを経営している。

アリスさんは、名古屋金山、岡崎、豊川、空港に店を展開している…………..

ALICE

ALICE

きっと楽しいパークなんだろうな……..

いきなり看板を撮らせて欲しいと申し込まれたら………………

ビックリするだろうな…………………..  

私がビックリする以上に、相手の方がもっとビックリしただろうな。(笑)

0コメント

3月 31 2012

自宅で出来るビジネスの第一歩は部屋の改装から………….

私が提唱しているインターネット&ビジネスは、オフィスや店舗を構えずに自宅で出来るビジネスです。28日自宅1階の部屋をオフィス代わりに改装しました。

i-and-b.jp_making0001.jpg

i-and-b.jp_making0001.jpg

改装には壁のクロス張替え、天井の蛍光灯、カーテン等交換、パソコン最新機種購入等があげられます。

天井の蛍光灯は高辻のエイデン、カーテンは堀田のニトリ、パソコンは大須のツクモという具合におなじみの店があるのでそちらで購入しました。

クロス張替えについては、はたと困ってしまいました。以前クロス張り替えを依頼した業社さんはお仕事をお辞めになっているという事で……………

今回ネットで捜す事としました。

計画としては3社以上から現場を見せ見積もりをとることとしました………..

3月は引越しシーズンの繁忙期で特に工事日に関しては結構厳しい事を言われました。(笑)

最終的に、予算、工事日等で親身になってご相談にのってくれた愛知県一宮市の(有)ハル工房さんにお頼みしました。

———————–工事日からさかのぼる3月17日—————————

現場を見せ、

「片岡社長さん お茶でも飲みませんか?」

私が応接間として愛用している堀田通のガストに向かいました。

彼と話していると本当に勉強になりました。

本来のクロスの張替えのお話よりWebの話題の方が多かったです。(笑)

「ホームページからの注文数」     「ホームページ完成までにかかった費用、月々の維持費」

「Yahoo! JAPANのリスティング広告の反響や経費」  「Googleアドワーズの反響や経費」等

私の結構 かなり つっこんだ質問に対して応えていただきました…………

片岡社長さん、部屋はバッチリ綺麗になりました(笑)

また、Webに関し、活きたデーターを教えていただきましてありがとうございました。

0コメント

« Prev - Next »

ページトップへ戻る
Copyright(C) I& B All Rights Reserved.